Tennis TVのリニューアルによる変更点まとめ

前回のポストからかなり間が空いてしまいました。。典型的な三日坊主になってしまいました。また継続的に更新していきたいと思います。

さて、TennisTVが2017年1月にリニューアルされて以来、半年近くが経ちますが、今回はリニューアルによる改善点、改悪点をまとめてみようと思います。

改善点

1.Chromecastに正式対応した

一番大きな改善点はこれです。今までテレビで観る際は、PCのブラウザで表示した画面をテレビに出力する「ミラーリング再生」しかできませんでした。この場合、PCのブラウザを経由することにより、画面のカクつきやフレームレートの低下が頻発していました。

テニスの試合を観戦するのに、ボールの軌道を追いにくいのは致命的です。リニューアル後にchromecastに正式対応したため、かなり安定したフレームレートで、ボールの軌道もクッキリ映るようになり、かなり快適になりました。

PCを起動しなくても、スマホアプリから直接Chromecastに出力できるようになったのも便利です。

2.過去の試合を観れるようになった

リニューアル前は過去7日間のリプレイしかできませんでしたが、リプレイの期間が大幅に延長され、数か月前の試合もリプレイできるようになりました。

また、「クラシック」という専用ページが用意され、2001年以降の名試合も閲覧できるようになりました。過去の名試合を観れるのはかなり嬉しいです。

3.ダブルスの試合をリプレイ出来るようになった

2.の利点と似たような事ですが、ダブルス専用のリプレイページが新設され、ダブルスの試合をこれまでより多く観れるようになりました。現状、ダブルスの試合を観れるサービスは他にあまりなく、ダブルスを観たいのであればTennisTV一択の状況になりました。

4.試合のスタッツを観れるようになった

試合の合間に表示されるスタッツが試合中いつでも表示できるようになりました。

ゲーム数、試合時間、1st/2ndサーブのポイント取得率、エース数など様々な情報を閲覧でき、より細かな戦況が分かります。

改悪点

1.画面分割表示ができなくなった

以前は、1画面で画面を4分割し、最高4試合同時に観戦することができましたが、リニューアル後はしれっとなくなっていました。同時に複数試合を観る需要はあまりないのかもしれませんが、ブックメーカー等をやっている人は困るのではないでしょうか。個人的には結構気に入っていた点ので残念なポイントでした。

2.WTA(女子テニス)の試合が観れなくなった

リニューアルによりATP(男子テニス)のストリーミング専用となったため、WTAの試合は一切観ることができなくなりました。サービス料金も据え置きなので、男子の過去試合よりも女子の試合を優先する人にとっては大きなデメリットかと思います。

3.ストリーミングの配信ビットレートを選択できなくなった

以前は設定から変更できたのですが、リニューアル後は変更できなくなりました。ネットワークに負荷をかけたくない時に低ビットレートに変えられなかったり、低ビットレートからHD画質になかなか戻らない事があるので不便です。

まとめ

上記のとおり、改善点改悪点が混在していますが、私にとっては改善点が改悪点を大幅に上回っていると感じており、リニューアルには満足しています。テニス好きなら本当にオススメできるサービスですので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

グランドスラムも放映してくれれば本当に完璧なのですが。。。ATPのサービスなので、実現性は低そうです。

Up to 2,000 live ATP matches a year. Watch top players like Nadal and Federer with live tennis streaming. Apps for iPhone, iPad, Apple TV & Android.

スポンサーリンク
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

フォローする

スポンサーリンク
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin